Curriculum Vitae

■Profile


Shunji Kotsuki, Ph.D. (小槻 峻司)
E-mail: kotsuki.water*gmail.com
[Link to Full Version of CV (PDF file)]

■Professional Experience
  1. 2018.05− Affiliate Associate Professor, Graduate School of Science, Kyoto University, Japan (京都大学大学院 理学研究科 連携准教授)
  2. 2018.04− Research Scientist, iTHEMS, RIKEN, Japan (理化学研究所 数理創造プログラム 研究員)
  3. 2018.04− Research Scientist, R-CCS, RIKEN, Japan (理化学研究所 計算科学研究センター 研究員)
  4. 2017.10− Excellent Young Researcher, Initiative for Excellent Young Researchers, MEXT, Japan (文部科学省 卓越研究員事業 卓越研究員)
  5. 2017.04− Part-time Lecturer, Graduate School of Science, Kyoto University, Japan (京都大学大学院 理学研究科 非常勤講師)
  6. 2017.10-2018.03 Research Scientist, AICS, RIKEN, Japan (理化学研究所 計算科学研究機構 研究員)
  7. 2014.01-2017.09 Postdoctoral Researcher, AICS, RIKEN, Japan (理化学研究所 計算科学研究機構 特別研究員)
  8. 2013.12-2013.12 Postdoctoral Researcher, JSPS(Japan Society for the Promotion of Science), Japan (学振特別研究員 PD)
  9. 2012.04-2013.11 Research Fellow, JSPS(Japan Society for the Promotion of Science), Japan (学振特別研究員 DC2)
  10. 2011.04-2012.03 Research Assistant, Kyoto University, Japan (京都大学防災研究所 リサーチアシスタント)
■Education
  1. 2013.11 Ph.D. in Engineering, Kyoto University, Japan (京都大学大学院 工学研究科 都市社会工学専攻; 2013/11/25) Link to PDF
  2. 2011.03 M.S. in Engineering, Kyoto University, Japan (京都大学大学院 工学研究科 都市社会工学専攻)
  3. 2009.03 B.S. in Engineering, Kyoto University, Japan (京都大学 工学部 地球工学科)
■Honors and Awards
  1. 2013.09.26 Thesis Award for Young Scientists from Japan Society of Hydrology and Water Resources Engineering (水文・水資源学会 論文奨励賞)
  2. 2013.08.20 Outstanding presentation award of the 6th Conference of the Asia Pacific Association of Hydrology and Water Resources (APHW)
  3. 2013.05.17 Best presentation award from the Remote Sensing Society of Japan (平成24年度 日本リモートセンシング学会 優秀論文発表賞)
  4. 2013.02.23 Best presentation award from the DPRI annual conference (平成23年度 京都大学防災研究所 研究発表講演会奨励賞) Link 1 Link 2
  5. 2011.02.17 HUME Prize: Honorable Urban Management Engineer Prize (京都大学大学院工学研究科 都市社会工学専攻 優秀修士論文賞) Link
■Editorship of Scientific Journals
  1. Nothing
■Funded Projects as the Lead PI
  1. 2018.04-2021.03 科研費 基盤研究(B)(代表; 18H01549)(直接:13,400千円, 間接:4,020千円; 計17,420千円)
    大気・水文結合データ同化 −水文ビッグデータ同化による大気・水文予測の改善−
  2. 2017.10-2019.03 文部科学省 卓越研究員制度(代表)(直接:12,000千円, 間接:10,000千円; 計22,000千円)
    データ同化とAIを活用したリアルタイム大気・水文予測技術の革新
  3. 2015.04-2018.03 科研費 若手研究(B)(代表)(直接:3,200千円, 間接:960千円; 計4,160千円)
    衛星観測データを活用した力学的な広域作物収量予測システムの開発
  4. 2011.04-2013.12 日本学術振興会特別研究員奨励費(代表; 12J03816)(直接:1,800千円, 計1,800千円)
    全球農業水資源モデルの構築及び全球収量ポテンシャルの推定
■Funded Projects as the Co-PI
  1. Nothing
■Outreach
  1. 2017.05-Present Weather Forecaster, RIKEN Weather Forecast
■Certifications
  1. 2015 Certified and Accredited Meteorologists of Japan (Num:9466, 気象予報士)
  2. 2014 2014 The International Precipitation Working Group (IPWG) Training Course
  3. 2014 2014 International Summer School on HPC Challemges in Computational Sciences
  4. 2009 2009 HydroAsia Program
  5. 2009 First-class National Government Employee with specialty in Engineering, National Personnel Authority, the Government of Japan
■Invited Presentations
  1. 小槻峻司, 黒澤賢太,三好建正: EFSOの現状と惑星気象研究への発展の可能性. 第19回惑星圏研究会, 02/27-03/01, 2018. (Feb 27, 東北大学・青葉サイエンスホール, ORAL)
  2. 小槻峻司, 黒澤賢太,三好建正: 全球大気データ同化システムNICAM-LETKFを使ったEFSO観測インパクト推定. 第8回データ同化ワークショップ, 01/19, 2018. (Jan 19, 明治大学中野キャンパス, ORAL)
  3. 小槻峻司,三好建正: 全球大気アンサンブルデータ同化システムNICAM-LETKFによる衛星降水観測データ同化. 地震研特定共同研究(B)「データ同化」勉強会, 2017. (Jul 14, 東大地震研究所, ORAL)
  4. 小槻峻司,三好建正: 予測モデルのためのデータ同化. PSTEP研究集会「太陽地球圏環境予測のためのモデル研究の展望」, 01/26-27, 2017. (Jan 27, 名古屋大学,名古屋, ORAL)
  5. 小槻峻司,荒木田葉月,三好建正,田中賢治: 水資源・作物結合モデルの開発とデータ同化への展望. 日本農業気象学会 2015年全国大会, 2015. (Mar 17, つくば,文部科学省研究交流センター, ORAL)
■Conference Organization (Co-Chair)
  1. The RIKEN International School on Data Assimilation (RISDA 2018), 01/22-26, 2018.
■Thesis/Dissertation committee (completed)
  1. Nothing
■Referee of Scientific Journals
  1. (01) Journal of Hydrology
  2. (02) HRL; Hydrological Research Letters
  3. (02) SOLA; Scientific Online Letters on the Atmosphere
  4. (02) JMSJ; Journal of Meteorological Society of Japan
  5. (01) ARGMET; Journal of Agricultural Meteorology
  6. (01) TOASCJ; The Open Atmospheric Science Journal
  7. (01) Atmosphere; by MDPI
  8. (01) EPSP: Earth, Planets and Space
  9. (01) HESS: Hydrology and Earth System Sciences
  10. (02) NPG: Nonlinear Processes in Geophysics
  1. (02)水文・水資源学会誌 (Jpn)
  2. (01)水工学論文集 (Jpn)
■Affiliations
  1. Japan Society of Hydrology and Water Resources(水文・水資源学会会)
  2. Meteorological Society of Japan(日本気象学会)
■Committee Member
  1. 2015.01-2016.12 水文・水資源学会 学会誌"若手のページ" 編集担当(Jpn)
  2. 2017.01-2018.12 水文・水資源学会 学会誌"発想のたまご" 編集担当(Jpn)
■Group Leadership
  1. 水文・水資源学会 研究グループ ”???”
    2014年度・副代表(2014年9月〜)
  2. 水文・水資源学会 研究グループ ”若手ネットワークの確立と水問題への挑戦に向けて”
    2011年度・代表(2011年9月〜)
■Memorial Photos
  1. 水文・水資源学会 論文奨励賞(2013年9月26日)
  2. Outstanding presentation award of the 6th Conference of the Asia Pacific Association of Hydrology and Water Resources (APHW)(2013年8月20日)
  3. 平成24年度 日本リモートセンシング学会 優秀論文発表賞(2013年5月17日)
  4. 平成23年度 京都大学防災研究所 研究発表講演会奨励賞(2012年2月23日)
  5. 2011年 京都大学大学院工学研究科 都市社会工学専攻 優秀修士論文賞 (2011年2月17日)
■いったことのある国
  1. アジア
    中国・韓国・台湾・ベトナム・シンガポール・タイ・インドネシア・ウズベキスタン
  2. ヨーロッパ
    フランス・ドイツ・オランダ・チェコ・ポーランド・オーストリア・スイス・ハンガリー・イタリア・スペイン
  3. 北米・南米
    アメリカ
  4. ・カナダ・ブラジル
  5. 中東・アフリカ
    トルコ・エジプト